スポンサーリンク

クレジットカードで貯める ANAカード編

シェアする


マイルをためる上で最も重要なのはクレジットカードの選択といっても過言ではないと思います。わたしはANAのマイルを貯めているのでANAのマイルを貯めるために重要なのはカードの話をさせていただきます。

ANAのマイルを貯める上でもっとも効率のいいカードになるとやはりANAカードでしょう。ANAカードは種類も多く、何を選べばいいのかわからないくらいあります。日々の買い物をするたびにマイルを貯めるためにはできる限りポイントを効率よく稼げるものがいいですよね。

クレジットカードで高還元のものといえば平均的には1%ぐらいのものをさすのではないでしょうか。正直1%を下回るカードはえらびたくないものです。

わたしはクレジットカードは複数枚所有し、目的別に使い分けています。ANAカードは万能ではありませんので、各々目的別に使い分けて、ポイント還元がいいものを選択していくようにしています。

話がそれましたが、数あるANAカードの中でオススメのカードはANA VISAワイドゴールドカードです。

このカードは三井住友VISAカード会社が発行しています。ゴールドカードで、年会費も発生しますが、自分の家の会計をすべてカードで支払うことを想定するなら、この年会費は高くないと思います。何か1枚、ゴールドカードをもつならこれがいいのではないでしょうか。

このカードをオススメする理由はいくつかありますが、何と言ってもポイント還元が効率いいからです。普通に使うなら1000円につき1ポイントのポイントがつきます。このポイントは1ポイントが10マイルへと交換することができます。つまり100円1マイルになるわけです。他にもボーナスポイント、プレミアムポイントがあります。ボーナスポイントは前年度の累計金額やリボ払いを選択することでつくポイントです。具体的な金額は下記のとおりです。年間300万はなかなか敷居がたかいですが、家族カードをあわせてあらゆる支払いを集中すれば不可能ではない家庭もあるかと思います。私がメインのカードにこれをオススメするのがその理由です。

ボーナスポイントの獲得方法はもう一つあります。それはリボ払いを利用することです。リボ払いは金利がかかるのでは?と思われた方は正解です。リボ払いは金利がかかってしまうため、リボ払いをしていいるとどうしても支払額が膨らむことになってしまいます。そこで気をつけなければいけないのは、毎月支払額が確定する月末までにリボ払いの額を増額しておくことです。具体的にいうと月々の支払い設定を例えば5万円にしておいたとして、支払額の実際が10万3200円だったとします。スマホやpcからカード会社のサイトにアクセスして、ログインすると増額ができます。ネット経由では千円単位まで設定できますので、今月だけ追加で5万3000円だけ追加で払い、10万3000円を支払うようにします。するとリボに回るのは200円、1000円をきったリボ払いの利息はわずかです。1円でもリボにまわれば、その月の支払い総額10万3200円に対するポイントが1000円に1ポイントの割合でもらえます。

このボーナスポイントも1円10マイルに換算できると素晴らしいのですが、残念ながらそこまでは太っ腹ではありません。1ポイントは3マイルまでにしかならないのです。でも、この方法をとることで少なくとも100円1.3マイルを獲得することができます。くわえて前年度実績からくるボーナスポイントがくわわるとさらに得られるマイルはアップします。ザクッとした計算ですが、300万年間で使用すると仮定するとリボを利用しての39000マイル、前年度も同じ額を利用したとしてさらに3600ポイント加算されます。つまり42600マイルになります。この値は1.42%のマイル換算になります。

実はもう少し換算率をアップする方法もあるのですが、これはまた別の機会に述べたいとおもいます。

気をつけなければならないのは下記のケースではポイント加算対象にならないことです。ポイントチャージへの加算はどこもきびしいですね。

最後にこのカードですが、普通に契約すると年会費は14000円+税 家族カードも4000円+税かかります。しかし、WEB明細とマイ・ペイスリボを申し込むと翌年度から年会費が割引になります。

この年会費でこの還元率ですので、けっこういい選択ではないかとおもいます。