スポンサーリンク

ANAマイレージに上限なく移行できるおすすめのクレジットカード

シェアする


AMEXでも改悪

前回、ダイナースからANAマイルへの限度額が減量されたことについてブログを書きました。

同様の変化はAMEXでもあってこちらもホームページでさくっと紹介されているに過ぎないのですが、同様の改悪となっています。

やはり来年度からは移行額が年間40000マイルまでと減額されてしまいます。ANAの陸マイラー対策なんでしょうか。ダイナースもAMEXもプラチナであろうとなかろうとお構いなしです。

例外となるのはダイナースならANAダイナース、ANAダイナースプレミアム、AMEXならSPG-AMEXとANA-AMEXです。これらは上限は設定されず無制限で交換可能となります。

ANAマイル移行の上限がないクレジットカード

ここで、現時点で100円1マイルをこえて移行可能なクレジットカードをあげるとつぎのようになります。年会費はいずれも税別です。

ANAに制限なく移行可能な100円1マイルをこえて還元可能なクレジットカード
ANA VISA プラチナプレミアム 1.8マイル (ポイントサイトを使用するともう少しアップ)年会費80000円 家族会員4000円
ANAダイナースプレミアム 1.5マイル 年会費155000円 家族会員 無料
ANA VISA ワイドゴールド 1.3マイル(ポイントサイトを使用するともう少しアップ)年会費14000円 家族会員 4000円(年会費9500円 家族会員2500円まで減額可)
SPG-AMEX 1.25マイル 年会費31000円 家族会員 15500円

あと、ANA VISAカードのワイドカード(ゴールドカードではない)もワイドゴールドと同じ比率で移行できますが、ANAに移行するときに6000円(税別)かかりますので、無料で移行できるゴールドカードとの差があまりなくなってしまうので、あえてここではあげていません。

今回 ANAダイナースプレミアムが1マイル1.5マイルにダウンしましたので、現時点で改悪のアナウンスのないANA VISAプラチナプレミアムが一歩ぬきんでた形になりました。VISAのプラチナはどちらかというとブラックカードの側面が強く、ダイナースのプラチナと比較するとステイタスはややおちる印象もあるのですが、ANAマイルのみをためることに注目すると、大量にクレジットカードでお買い物をする人にとっては一番すすめられるカードだとおもいます。キャンペーンがあったら申し込んでしまいそうです。

あと、VISAはダイナースやAMEXとちがって税金などの公共料金の支払いでも通常通りのポイントをつけてくれるのもありがたいです。ダイナースもAMEXも半減しますので。

一方でやはりVISAのワイドゴールドのコストパフォーマンスの高さも注目されるところです。やはりANA陸マイラーのメインカードはこのカードなしではかたれません。

マイルを日々のクレジットカードの支払いでためることができれば、より効率よくマイルをふやすことができます。おすすめはANA VISAワイドゴールドカードです。理論上では100円につき1.42マイルをためることができます。

そもそもANAはマイルをためやすい航空会社です。系列のクレジットカードも会社ごとに(たとえばVISAやJCBなど)所持するたびにボーナスマイルをそれなりにもらえるキャンペーンも多いです。一方のJALは一度クレジットカードを作ってしまうと異なる会社で新たにカードを作ってもキャンペーンには参加させてくれません。また、ダイナースもAMEXもプロパーカードであっても少なくとも100円1マイルでANAにポイント移行ができますが、JALに効率よく移行できるカードはあまりありません。

ANAもJALのように移行しにくくしていくのでしょうか。まだよくわかりませんが、置かれた環境下で可能な限り、効率よくマイルをためていく陸マイラーのスタンスは忘れてはいけません。

ぼくはダイナースプレミアムを使用していますので、100円2マイルで獲得できる計算になりますが、これをこえるぶんは基本的にユナイテッドにまわすつもりなので、当面はこれで維持していこうと思っています。ANAはメインとして考えていますが、とりあえずスターアライアンス系のマイルも獲得していくことも念頭においています。ANAのマイルにも有効期限がありますからね。

そろそろJALも。。。

といったところで、ANAへの移行効率が落ちてしまうことで、ANAに対するモチベーションがややさがった感があるすなこたろうです。JGCの修行をせよというおたっしでしょうか。JALのマイルをためよということでしょうか。

JALマイルを効率よくためられるカードは根本的にすくないのですよね。

SPG-AMEX 1.25マイル 年会費31000円 家族会員 15500円
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 1.125マイル 年会費 20000円 (200万/年使用で10000円 家族カードのかわりに追加カード3000円)
ANAにもJALにも移行できるSPG-AMEX、セゾンビジネスもビジネスカードの中でもハイコストパフォーマンスをほこります。迷ったんですけど、JALのことも考えて、SPG-AMEXは今年も継続しました。ビジネスならセゾンしかないでしょう。JALをためるなら上記の2つ重要です。これらのカードについてもいつか詳しく紹介していきたいと思います。
SPG-AMEXは紹介による入会キャンペーンをしておりお得にポイントをかせげます。最大で36000ポイントもらえます。このポイントはAMEXのポイントではなくSPGのポイントです。マイル換算で12000マイルになると考えてください。ご希望の方は下記のリンクからどうぞ。特に個人情報を開示することなく、申し込めます。