スポンサーリンク

ANAダイナースカード入会キャンペーン

シェアする


このキャンペーンは終了しております。

ダイナースカードはあまり人気がないのか、あまりブログでも宣伝しているところを見るのも比較的少ないのですが、ANAダイナースカードの入会キャンペーンも結構暑いです。というか、ANAのマイルしかためないよっていう方はこちらの方がプロパーのダイナースよりも価値があるかもです。

ダイナースカードはいくつかの提携クレジットカードをもっています。ANAカードもそのうちの一つです。年会費は27000円(税別)です。

今回のキャンペーンは最大55000マイル獲得が可能なキャンペーンとなっております。ANAカードのキャンペーン自体もそれほど定期的に行われているわけではなく、今回のような比較的大規模なキャンペーンはANAダイナースを獲得する良い機会といえるでしょう。もらえるマイルは当たり前ですが、ANAマイルのみです。

  • ポイントの獲得条件

マイルの獲得条件ですが、最初の入会でまずは2000マイルをもらえます。これはキャンペーンでなくても普通にもらえるマイルです。カードを今後更新するごとに毎年2000マイルもらえます。

次の条件は入会後3か月以内に50万円の使用することです。これで15000マイルをもらえます。

もしも入会後3か月以内に100万円使用するとさらに25000マイルが付与されます。

最後の条件は微妙かもです。家族カードが必要な人は申し込むと2000マイルがもらえます。ビジネスカードを申し込むとさらに1000マイルです。これはあくまで3か月以内に50万円を使用していることが前提です。

マイルをもらうためにあえて家族カードとビジネスカードを申し込むのは微妙かもです。家族カードとビジネスカードとはそれぞれ税別で6000円と2000円がかかります。つまり2000マイルを6000円で、1000マイルを2000円で買うということです。判断が人によっては別れるところかもしれません。

ビジネスカードってなに? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは個人事業をしている方が、事業のために使用する専用のカードのことです。別に個人名で作成される方も多くいらっしゃるので、作成すること自体は個人事業をしていなくても可能です。いろんな事業をしていると経理の都合上、ビジネス関係の決済は口座やカードを分けているほうが、楽なことが多いので、そういう方には重宝されています。ダイナースカードはこのビジネスカードを普通のカードにひもづける形で安価につくれることができます。

これがアメックスであれば、アメックスのビジネスカードを別に作成しなければなりません。もちろん数万円かけて。ダイナースは個人のカードをつくれば2000円で作成してくれるのです。事業をこれから展開したい人にとっては有効に使いたいところです。

最後の10000マイルは100万円を消費したことで得られる通常ポイントです。ANAダイナースもプロパーと同じく、100円1マイルで獲得できるのですが、やはり税金関係や水道代、電気代、ガス代などは200円1マイルになってしまいます。注意してください。

無理して家族やビジネスのカードをつくらなくてもという方にとっては今回のキャンペーンの利用で、52000マイル獲得できることになります。マイル還元率としては5.2%ですね。

ANAのマイルしかためない方はプロパーよりもこちらの方が、より魅力的です。プロパーの方がより沢山のポイントがもられるのですが、将来のことをかんがえて、どちらか一方にするのであればANAダイナースのほうがいいのではないでしょうか。ANAマイルへの交換は無制限です。プロパーだと80000マイルですが。また、プロパーのようにマイル交換のためにダイナースグローバルマイレージへ参加料を必要とすることがありません。

とりあえず、マイル獲得のために年会費込みでバイマイルでという方はプロパーですかね。

ポイントサイトではANAダイナースはあまりみかけません。時々、思い出したように登場しますが、最近はないみたいですね。

ANAダイナースカードのキャンペーンの締め切りは結構間近です。9月17日までです。考えていらっしゃる方はお早めに!!