スポンサーリンク

ダイナースクラブカードの新しいキャンペーン

シェアする


新しいキャンペーン

ダイナースクラブカードの新たなキャンペーンが始まりました。ちょっと今度は珍しいキャンペーンになります。

6月3日からはじまったこのキャンペーンは通常なら100円1ポイントの還元率が10倍の10ポイントになるというものです。このキャンペーンは上限が設定されていて、50万の買い物までがこの企画の対象となります。つまることろ、50万の決済をこのカードに入会して行うと、5万ポイントを獲得できるといくことにになります。50万をこえる決済に関しては通常の100円1ポイントになってしまうので、きをつけてくださいね。

通常なら50万の決済をすると5000ポイントしか獲得することができませんが、そこでボーナスで45000ポイントを給与してくれるのと同じような企画といえます。

先のANAダイナースのキャンペーンでは、総額で82000マイル相当のポイントを獲得することができました。これはかなりお得なキャンペーンでした。おそらく近年ではもっともダイナース系で高還元のキャンペーンだったといえるでしょう。

ANAダイナースカードでANAマイルをお得にためることができるキャンペーンが展開中です。最大で82000マイルを獲得できるのはかなり有利なプログラムといえるでしょう。

今回のキャンペーンも獲得できる最高額は少ないですが、効率からするとひけを全くとらないキャンペーンだと言えます。

前回のキャンペーンでは100万円をカード決済する必要がありました。

こまごまとした複数の条件もこなす必要がありました。

100万ではなく50万を使用した場合では先のキャンペーンではやはり50000 ポイントを獲得することができましたが、それには複数の条件をクリアする必要がありました。

これが今回のキャンペーンでは50万円を決済するだけで50000ポイント獲得することができるのです。まだ、ダイナースクラブカードを所有していない方、そんな100万円も使用することができないよ。という方には、おすすめのキャンペーンではないかと思います。

このキャンペーンのいいところは、頑張って使用したけど最終的に50万円に届かなかった場合でも、ちゃんとポイントは10倍になって供給されますので、とりあえずチャレンジすればそれなりの見返りがもらえるというところです。

もちろん、満額をめざすことは大事かもしれませんが、無理しない範囲で大きな利益をえられる企画といえるでしょう。

ポイントサイトをうまく使いましょう。

このキャンペーンですが、年会費の22000円+税金はしっかりかかってしまいます。ダイナースキャンペーンで年会費無料はなかなかありません。その点はポイントサイトを経由してポイントを獲得して年会費の負担を抑制するようにしましょう。ポイントサイトは複数のサイトがありますが、やはり効率よくマイルに交換できるサイトを選びたいところです。

現在ではちょびリッチが最高の20000円相当のポイントをつけていおり、モッピーハピタスなどが15000円となっています。これもいずれは変動しますので、しっかりタイミングを逃さないようにしましょうね。


最近のダイナース

ダイナースプレミアムカードの記事を先月書かせていただきましたが、最近、ダイナースカードもプレミアムカードと同じように7月23日以降にMastercardのプラチナグレードであるTRUST CLUB プラチナマスターカードが別途発行されることが決定しています。ダイナースといえば、VISAやMasterと比べると世界的にみても使用できる店が少ないという現実があります。これをこの別途ついてくるMastercardで補ってくれということでしょうか。

願わくばポイントの還元率をダイナースとおなじにしてほしかったのですが、プラチナと名乗って200円1ポイントは残念なところです。

気をつけなければならないのはこのカードでの買い物は今回の特別の対象にはならないということ。つまり、頑張ってMastercardを使用しても200円で1ポイントにしかならないということです。

なお、このMastercardは7月23日以降にダイナース会員サイトから自分で申し込む必要があるようです。まってるだけではきてくれないということですね。

今回のキャンペーンは先に述べたように、使用した分だけポイントが10倍もらえるという性格上、クレジットカード発券したけど、設定された金額まで使用することができず、ポイントもらえなかった。。。とはならず、使用しただけ、ポイントを部分的に獲得することができるだけ、ハードルは低いといえるでしょう。100万近くも使う予定はないわ!と思っている方にとってはいいのではないでしょうか。ポイントサイトを経由して別途ポイントを獲得するのを忘れずに。