スポンサーリンク

Apple PayのiDを新規登録してコンビニで半額キャッシュバック(終了)

シェアする


iPhoneを使っている方、コンビニで買い物をすることが多い方。

Paypayがちまたで評判ですが、こちらは確実に50%のキャッシュバックがコンビニでもられる三井住友カードのキャンペーンです。

対象となるカードは三井住友カードのVpassに登録されるカードで一般のカードやビジネスカード、そしてANAカードも含まれます。

実際はホームページにログインしてキャンペーンにエントリーすると、対象となるカード一覧がでますので、その中で自分のつかうカードを選んでから、Apple Payに登録するようにしましょう。

気をつけなければならない条件ですが、この案件は今まで対象のカードを持っていたけど、Apple Payでは使っていなかったよ。という人が対象になります。もちろん、この機会に新たな三井住友VISAのあたらしいカードを作っても対象になります。条件を整理すると

まずは期間は2018年10月1日(月)~2019年1月31日(木)
これはエントリーする期間であり、同時に支払いが対象になる期間です。
セブン-イレブン、ファミリーマート、サークルK・サンクス、ファミマ、TOMONY、ローソン、ローソンストア100、ナチュラルローソンでのApple Payによる買い物が対象で、上限5000円まで対象となる利用月の2ヵ月後にキャッシュバックになります。
上限が5000円ということは10000円までの総額の買い物で半額がキャッシュバックですから請求額が減額になるのでしょうね。

エントリーは複数のカードでできるのですが気をつけなければならないのは、カードをいくつもエントリーしてもキャッシュバックの上限は一人あたりで5000円ときめられていることです。

キャッシュバックの上限は、エントリーしたカードの枚数にかかわらず、お1人さま5,000円となります。

とホームページに明記されております。

まだApplePayに登録していない三井住友VISAのカードをお持ちの方でiPhoneを持っている方はいかがでしょうか。コンビニでの支払い、なんやかんやで数千円、使う機会はあるでしょう。

キャンペーンが開始された時に、書きかけてその後、別に記事を優先させてしまい、すっかり失念しておりましたが、ようやく追いつきました。いやあ、今年中に書けてよかった。

ファミマで支払うにはPaypayが今は評判ですが、あちらは20%のポイント還元、時々100%ポイント還元です。しかもマイルに交換できません。こちらは確実に10000円までは50%キャッシュバックです。キャッシュですよ!どこまで100%還元にあたるかですが、とりあえず5000円を抑えておくのは悪くないでしょう。

というわけで、いま一度、自分の持っている三井住友カードをちぇっくしてみてください。

[contact-form-7 404 "Not Found"]