スポンサーリンク

ダイナースプレミアムカードを申し込みました。

シェアする


スポンサーリンク

ダイナースプレミアムカード

ダイナースプレミアカードをご存知でしょうか。

いわゆるブラックカードといわれるカードです。

黒色のカードデザインが高級感をただよわせています。

確かヤフーカードでも黒い券面のクレジットカードを作れますが、どうしても安っぽい感じが否定できません。その点、ダイナースのプレミアムカードは高級感にあふれています。

そしてこのカードのプレミアム感はやはり年会費が税別で130000円であるということ。そして、入会するためにはダイナースカードをひたすら使用してクレヒスをつみあげていくしかありません。

会費の高さからずーっと気になってはいたものの、ちょっと欲しいなあっと思っていたのですが、

実は今年、このプレミアムカードへのインビテーションをうけることができました。

インビテーションはこんな感じ。

これが封筒の中にはいってやってきました。思ったよりも薄い!

どうしょうかなあっとしばらく悩んでいたのですが、一大決心をしてえいやっ と申し込んでみました。

実は、私これをもらうのは2回目です。

前回はもっと以前に、まだ、Citiカードがあった頃、私はメインカードとしてCitiカードをつかっていました。まだ、クレジットカードの使い方がわかって、いろいろ仕事やプライベートで使うようになってきた頃です。日本ではダイナースはシティが扱っていたためか、いきなりダイナースのプレミアへのインビテーションがきたのです。会費も今ほどの額ではなかったような気がするのですが、クレジットカードの会費にそんなたかい金額はかけられないよ!っとおもってすぐにゴミ箱へ投げ捨てていた気がします。

シティがつぶれ、マイル獲得への意識がたかまった私はその後、ANAカードへとシフトしていくことになります。なぜあの頃にインビテーションがきたのか、よくわかりません。いまほど、たくさん決済をカードではしていなかったのですが。

基本ほしくても都合よく入会させてくれるカードではないので、インビテーションは貴重です。まあ、あの頃の生活とクレジットカードの使い方ではこのたかい年会費を維持することが、難しいでしょからまちがいではなかっと思いますが。

今回は申し込んでしばらく待つこと、1-2週間。

ついに来ました!

ちょっと豪華な封筒です。

封をあけるとこんな感じ

中身はメインのカード、家族カード、そして一緒に申し込んだビジネスカード。

一緒に申し込んだETCカードは別の封筒できます。

こちらは普通のクレジットカードの届き方と一緒です。

プレミアムカードの使いがってはおいおいレポートしていきますね。